いっちゃん☆成長キロク

■□新米未婚ママの育児日記□■  ~2005年5月1日に誕生したイツキの成長を写真とともに紹介します~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1/19 マザー&チャイルド⑧

こんばんは。
今日は先週末行なわれた、県のお遊び教室についてです。
今回は、お隣I市・F村合同で「ファミリーサポートフェスティバ●」として、
お昼を挟んで4時間行なわれました。
なのでいつもの2~3倍の子供達とその親御さんが集合。
土曜日だったので、お父さんが来ている子もいました。



開始10分前に、会場に到着(いつもと同じ所です)。
やはりプレイルームに入れず・・・。
いつもより人が多いことに気付き、少しビビっている感じでした。
20分くらい廊下をウロウロしたあと、いつもプレイルームに入るのに
協力してくれる先生(保育士)の登場。
少し強引にプレイルームに入れてしまいました。
みんなおもちゃで遊ぶ中、少し離れた所で私にベッタリのイツキ。

子ども用のイスが用意され、横一列にみんな座ります。
やはり横に誰かが来ると怯えるイツキ。
すぐに後ろにいる私の膝の上に座ろうとします。
出来るだけイスに座って欲しいと思い、
イツキの座るイスを少し後ろに下げ、私の横に持っていき手を繋ぎました。

そしてイツキの好きな体操に。。。
「アンパンマ●体操」、はじめの頃は一人で楽しそうに踊っていましたが
今は常に私の姿を目で追い、グルグル走る所では手を繋ぎたがります。
数ヶ月前に、Sくんに髪の毛を引っ張られたり、押されたりしてから
子どもが苦手になり(特に男の子)、常にビクビクし私にベッタリしている感じです。
でも、踊りが大好きで楽しそうに踊るイツキ。
なんだかその姿がこっけいで・・・。
スタッフの方々がイツキを見てわらったり、声を掛けたりしてくれるのですが
イツキは話し掛けられるのが好きらしく、嬉しそう。
(スーパーでレジのおばちゃんに話し掛けられるのも好き)
「親子ふれプレ体操」は親子で2人1組になって、手を繋ぎクルクル回ったり
抱き上げて揺さぶったり、両足を持ってゆっくり引きずったり・・・
なかなか楽しかったです。多少、体力的にしんどかったですが(汗)

「ミニミニサーキット」
スクーターボートとは、子どもが寝そべって足が出るくらいの大きさのボードに
タイヤがついており、
子どもをボードに乗せ(普通に座っても、寝そべっても良し)
親が紐をひっぱってゴールまで子どもを運ぶというもの。
他の子は寝そべったり、色々な体勢で楽しそうに遊んでいました。
イツキは・・・出来ないだろうと密かに思っていたのですが・・・。
1回目、スタッフさんのフォローありで普通に座って乗ることができました。
2回目は一人で乗ることができ・・・驚きでした。

ジャバラというのはトンネル。
3mくらいの長さでしょうか。
あまりトンネルが得意ではないイツキ。
私が反対側から顔を出すと、一目散でゴールへ。
2回ともできました。

シーツブランコ。結構お馴染みです。
これも出来ない時はとことんやらない感じ。
がっ・・・。自分でシーツ(素材はキルティングなんですが)
の上までハイハイで行き、ゴロン。
楽しそうにできました。

この日イツキはいつもの何倍も積極的で
先生からも「いっくん今日は楽しそうですね」なんていう
お言葉をもらいました。
サーキット、事前に配られた紙のメダルに1つできるとシールを1つ貼っていきます。

「ボールプール」
これはこういう所でないと、できないと思います。
何百個というカラーボールを部屋いっぱいに散らかします。
どのように遊んでもOK。
ボールを集める子、投げる子、
ボールの上にボードを置きその上に乗っかりはしゃいでいる子。
途中笛の音で、カゴにボールを集めるゲームが。
何回かやったあとで、こんどは袋にお片付け。

「お茶タイム」
いつもは温めの麦茶が紙コップで出るのですが
今回は『アンパンマ●のジュース』でした。
運良くブドウ味がイツキの手元に・・・。
今回は人数が多く、まとめる保育士さん方がとても大変そうでした。
子供達がジュースを飲んでいるとき、ものすごい静かで
笑ってしまいました。
(みんな喉が渇いていたのか、一気飲み!!!)

さてさて、恐怖の「昼食」の時間。
どんなものが出るのかと思ったら、お弁当とペットボトルのお茶。
ペットボトル、まだなかなか上手に飲めません。
いつもストローを持ち歩いているので、助かりました。
「イツキが食べられそうなものは出ないだろうな~」
と思いつつ、他の子が食べている所を見れば、少しは食べるかも!!!
という根拠のない期待もしていたりして。。。
なので特別なことはしませんでした(パン、ふりかけ、海苔を持参するとか)。
子どものお弁当のメニューですが・・・

・ごはん
・豆腐ハンバーグ?
・から揚げ
・キャベツ、レタス、プチトマト
・みかん(缶詰)、レーズン


こんな感じ。大人はこれにおにぎりと焼きそばが付いていました。
思ったとおり・・・食べるものがない!!!
しかし、大人のメニュー。
おにぎりと焼きそばはイツキも食べられます。
口元に持っていくと・・・
どうやらおにぎりは“パリパリ海苔”でないと嫌らしく
(海苔が巻いてあったので、しなしなしていた)
焼きそばも家で作るものより色が濃いからか、
麺をつまむものの、口に入れようとせず。。。
困った。。。
そういえば、大好きなレーズンがあるではないか。
食べさせようとすると・・・拒否。
レーズンパンでないと、嫌らしい。。。
なんつーこだわり。
結局お茶しか飲みませんでした。
周りの子はムシャムシャ食べていましたよ。
「ほら、○○ちゃんいっぱい食べてる、おいしいんだって!!」
などと言ってみてもダメ。
子ども同士顔を見合わせニコニコしておしまい。
なんか・・・保育園の給食が心配になってきました。
31日にH保育所で給食体験をしてきます。
大丈夫だろうか。。。

「ミニ講演会」はプレイルームの向かいの会議室で行なわれました。
プレイルームで子どもを遊ばせ、大丈夫そうなら随時会議室へ。。。
こんな感じ。
昼食後で眠いからか、親と離れるのが嫌でグズグズしている子もいましたが
イツキは全然平気そうでした。
15分くらい経った頃でしょうか。
イツキの泣き声らしき声が聞こえてきました。
すぐ後ろにいたママさんが廊下へ出たので、しばらく様子をみましたが
会議室に戻ってきたママさん。
私に「イツキ君みたいですよ」と一言。
廊下に出ると、スタッフさんに抱かれ
「かぁちゃーん」と号泣しているイツキがいました。
スタッフさんの話だと、急に「かあちゃん」と泣き出したとか・・・。
「かあちゃん」恥ずかしい・・・
あと今まで、イツキは私と離れることにそこまでこだわってなかったのかと思ったら
そうでもないみたいですね。
長時間(と言っても15分)離れると、不安に思うみたいです。
まぁ、子どもはみんなそうですけどね!
それから帰るまで、私にベッタリでした。


◆1/19に貰った冊子より抜粋◆
【スケジュール】

「ファミリーサポート フェスティバル」
♪みんなで わいわい 楽しくおそぼー♪
H20.1.19(土)  10:00~14:00
≪午前の活動≫
10:00受付 自由遊び
10:20手遊び 点呼 ミニ劇場
10:40★親子であそぼー★
「アンパンマ●体操」「親子ふれプレ体操」
ミニミニサーキット
(スクーターボート⇒ジャバラ⇒シーツブランコ)
ボールプール・玉入れ
スキンシップタイム
(「パン・ポン・ピッ」「おいものてんぷら」リラックスタイム)

※時間の都合で多分カットされました※
11:30お茶タイム
11:35自由遊び
11:50パネルシアター
12:00昼食
≪午後の活動≫
13:00ミニ講演会「子どもの発達理解とかかわり方」
~会議室
13:00お集まり~音楽活動
お子さんは、スタッフと一緒に、体育室で楽しんでみよう!
13:30のびのびコーナー
*お絵描き *折り紙 *ぬりえ など・・・

※時間の都合でカットされました※
13:45パラシュート
13:55お帰りの会


■□■ 『ミニ講演会~子どもの発達理解とかかわり方~』について ■□■
講師は児童相談所の方でした。
内容について、少しメモしたいと思います。
(途中、10分程退席しているので すべての講演を聞けたわけではありません)

●子どもの発達には順番がある

●周りの人の発言や育児書などに影響され、
子どもに強要したりはしていないか??
(例えば・・・同じ月齢の○○ちゃんはこんなことができる。うちの子だって・・・など)
もしかしたら、それらは順番抜かしをしている可能性がある。

●発達の順番・・・
例えば赤ちゃん。
「首が座る」⇒「お座りができる」⇒「ハイハイ」⇒「タッチ」⇒「歩く」
まれに、ハイハイをしないで歩く子もいるが、
首が座らないのに、お座りが出来る子はいない。
これが発達の順番。
1つ前のことが出来ていないのに、次の事は出来ない。

●『どんなことが出来て、どんなことが出来ないか』
これを知る事が【発達理解】。

●「月齢に合った」ではなく、今出来る事を見つけていく。

●『出来る』には以下の3種類がある
①手伝ってもらうと出来る
②励ますと出来る
③出来る

●上記の①②の場合、支援をしてあげないのに「出来ない」と言って
叱るのはダメ。
叱る時は、「どのような出来る」なのかを考え
まだ支援が必要なら、手伝ったり励ましたりしましょう。
(例えばジュースをコップにそそぐ⇒失敗。
「今度から気をつけようね~」などと言い、入れる前に少し支えてやる。
このようなときは、叱る必要はない。)

●やり方を知らなくて出来ない事も。
叱る前に「やり方を教えたかどうか」を考える。
教えていなければ、教えること。

●『発達』には「毎日続ける事」「褒める事」が有効。
(例えば、パジャマのお着替え。
子どもにとっては着替えなんて、無意味。
別に外にパジャマのまま出ようが、関係ない。
「こっちの洋服の方が、かっこいいよ!」「上手に着替えられたね」
このように褒める事で、徐々に着替えが出来るように。
毎日続けていく事で、朝は着替えるという生活習慣を身につける。
ご飯だったら、「お茶碗綺麗になったね」「いっぱい食べたね!」)

●大袈裟に褒めることも大事。
「すごーい!!」「えらーい!!!」
大人でも褒められるということは、嬉しい事。
子どもにも有効的。

●ただ・・・毎日の生活の中で、だんだんと「出来て当たり前」
と思い込んでしまうことがある。
(パジャマの着替えもそう。)
気付いてやることが大切。
言葉にするのもそうだけど、「気付いてるよ~」というサイン。
アイコンタクトでもOK。

●どんな時に叱るのか。
「危険なことをしているとき」「道徳的に間違った事をしているとき」

スポンサーサイト
  1. 2008/01/22(火) 23:59:41|
  2. .イツキ 2歳 お遊び教室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2年ぶりの雪 | ホーム | 1/18 市役所に電話してみる>>

コメント

こんばんわ

『他の子と比較してしまう』
これはあたしが小さい頃、よくあった話で、隣近所の頭のいい女の子と比較されてしまい、ピアノが上手で、高いところも平気だったNちゃんと、競争させられて苦痛でした。

おまけにあの頃は『ど根性物の漫画』が流行っていて、やれば出来るって言うカンジで、子育てしてる家が多くて、怖かったです。

それに叱られて、家から放り出されたり。




教授はというと、何かしてて失敗するとショックで泣くんで、あたしが何か言おうと思ったよりも先を越されてしまい、何もいえずに終了してしまいます。



「かぁちゃーん・・・・・」かわいいって言うか、言ってるいっちゃんが、ギャグで無いということは分かってるんですが、面白い・・・・・。

  1. 2008/01/23(水) 12:47:32 |
  2. URL |
  3. くしん #xgw7bp1w
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます

★くしんさんへ
こんにちはe-343

>『他の子と比較してしまう』
>これはあたしが小さい頃、よくあった話で、
>隣近所の頭のいい女の子と比較されてしまい、>ピアノが上手で、高いところも平気だったNちゃんと、競争させられて苦痛でした。
>おまけにあの頃は『ど根性物の漫画』が流行っていて、
>やれば出来るって言うカンジで、子育てしてる家が多くて、怖かったです。
>それに叱られて、家から放り出されたり。

そうですか。
くしんさん、大変だったんですねe-330

時代というか風潮?にも影響されますよね。
家は母が母の姉と比較され育てられたらしく
私と弟を比較するというのは、まったくありませんでした。
親戚にも同い年の子がいなかったので
その辺も関係してくるのかもしれません。
(同い年の子が親戚にいたりすると、比較されますよね)

『他の子と比較する』
イツキがまだ小さい時、ハイハイもタッチもあんよも
他の子よりもだいぶ遅かったので、心配した事を思い出しました。
私の場合、子どもに強要するというより
自分の中で抱え込んで悩んでしまうタイプです。
ハイハイもあんよも、一歩が出ればすぐに出来るようになり・・・
今考えると、心配しすぎてただけでしたe-263

>教授はというと、何かしてて失敗するとショックで泣くんで、
>あたしが何か言おうと思ったよりも先を越されてしまい、
>何もいえずに終了してしまいます。

教授、すごい勢いで泣き出してしまうんでしょうか。
当たり前ですが、子ども一人一人反応が違いますよね。
イツキは失敗すると怒り出します。
そのへんのものをポイポイ投げたりして・・・。
(積み木をうまく積めなかった時とかですね)
積み木の場合だと、一緒に高く積んで
「できたね~、すごいね~」
と言ってみたり。
そうすると機嫌が直ったりします。

>「かぁちゃーん・・・・・」かわいいって言うか、言ってるいっちゃんが、
>ギャグで無いということは分かってるんですが、面白い・・・・・。

そうですよね。。。
私でも面白いと思いますもん(子どもが泣いてるっていうのに)。
今、「ママ」と呼ばせている子が多い中で
「かあちゃん」はかなり目立ちますe-263
早く「おかあさん」と言えるようになればいいのですが・・・。
  1. 2008/01/23(水) 14:52:27 |
  2. URL |
  3. maa@管理人 #oATFchZQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://maa0501ichu.blog45.fc2.com/tb.php/677-0c07d3d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。